こんな集客方法があるの?飲食店の面白集客について!

人集めの方法あれこれ

なかなか繁盛しなかったお店に客が集まるようになった

沢山の飲食店で賑わう昨今、他店より抜きんでた店であるために熾烈な戦いが実践されている現状。
生き残るための戦いと言っても過言ではありません。
所謂、老舗と言われた店はそれだけで人が集まったものです。
現在も勿論高級感のある伝統的なお店はたくさんあり多くの人々の知るところではありますが、より多くのお客を集めるという最初の一歩を願う新しいお店とは並列ではありませんね。
老舗は一般的には、高価なものになっていて、庶民が大勢集まるイメージからは離れた存在です。
血眼で人を集める必要のない存在と、まずは人々に存在を知ってもらいたい店とではそもそもスタートラインが異なります。
まずはより多くのひとに知ってもらう事から始める集客方法とはいったいどのようなものがあるのでしょうか?
実際に生き残れるお店になるためには、リピーターを増やすことが大切ですが、生き残りよりも何よりもこの競争の中、最初は知ってもらう事、ここから始まるのです。
飲食店は開店して2年ほどで明暗が分かれるとも言われていますから、最初のインパクトは大切ですね。
テレビCMなどで流れれば言う事ないかもしれませんが実際製作費だけでもお金がかかってしまい、個人の飲食店CMってあまり見た記憶がありません。
ここはやはり、センスの良い、ホームページから初めて、SNS等で広く知られるようにするのが良いかも知れません。
実際の成功例などから、様々な方法を見つけていきましょう。